坂本慶一

一般

坂本慶一

さかもとけいいち

判事。(1946年5月‐2011年12月21日)

福岡県に育つ。1970年東京大学法学部卒。1972年4月裁判官に任官。各地の裁判所勤務を経て、1986年司法研修所教官。再び各地の裁判所勤務のあと、2002年7月札幌高裁(部総括)、2005年3月福井地方裁判所家裁所長、2006年7月名古屋高裁(部総括)。

著書

  • 民法編纂と明治維新』悠々社 2004
  • 『新要件事実論 要件事実論の生成と発展』悠々社 2011.2.