スマートフォン用の表示で見る

阪急電鉄

地理

阪急電鉄

はんきゅうでんてつ

大阪神戸宝塚京都の各都市を結ぶ大手私鉄。3つの本線から成り、他に6つの支線がある。

沿革・事業内容

1907(明治40)年に小林一三を中心に会社設立される。1910(明治43)年に開業し、当時の社名は箕面有馬電気軌道。1918(大正7)年に阪神急行電鉄と社名を変更、1943(昭和18)年には、国策により、京阪電気鉄道合併し、京阪神急行電鉄と社名を変更する。1948(昭和23)年に京阪側が分離した後も、京阪神急行電鉄を名乗った。1973(昭和48)年に現在の阪急電鉄となる。

開業当初から、鉄道と沿線住宅・観光開発による経営を展開し、鉄道経営の祖と言われている。

また、1967年に日本で初めて自動改札機を導入したのも阪急電鉄である。(北千里駅

年表

1907箕面有馬電気軌道設立
1910梅田-宝塚間、石橋-箕面間 開業
1911宝塚新温泉(のちの宝塚ファミリーランド)開業
1913宝塚唱歌隊(現・宝塚歌劇団)を組織
1918阪神急行電鉄社名変更
1920十三-神戸(のちの上筒井)間、塚口-伊丹間開業
1921北大阪電気鉄道の十三-豊津間が開業 同年、西宝線の宝塚-西宮北口間が開業
1924甲陽線夙川-甲陽園間が開業
1925新京阪鉄道天神橋(現・天神橋筋六丁目)-淡路間が開業
1926西宝線が今津まで延伸。今津線に改称。
1928新京阪鉄道淡路-京都西院(現・西院)間、桂-嵐山間 開業
1931新京阪鉄道京都西院-京阪京都(現・大宮)間 開業
1936神戸本線西灘(現・王子公園)-神戸(現・三宮)間 開業 これまでの神戸駅は上筒井駅に改称
1940西灘-上筒井間廃止
1943国策で、京阪電気鉄道合併京阪神急行電鉄となる
1949京阪側が分離。新京阪線、千里山線、嵐山線阪急側に編入
1959京都本線を複線化し、梅田-十三間が3複線化工事が完了
1963大宮-河原町間が開業
1968神戸本線神戸高速鉄道山陽電気鉄道相互乗り入れ開始 神戸駅三宮駅に改称
1969千里線京都本線地下鉄堺筋線相互乗り入れ開始
1973阪急電鉄社名変更
1988神戸高速鉄道での第二種鉄道事業開始 同年、阪急ブレーブスオリエント・リース(現・オリックス)に売却
1989ラガールカード導入開始
1995阪神・淡路大震災
1997能勢電鉄直通の特急日生エクスプレスが運転開始
1998山陽との相互乗り入れ中止 新開地までの運転となる
2006阪神電気鉄道経営統合
2007設立100周年
2010開業100周年 新開地-西代間の第二種鉄道事業廃止

  

持株会社

2005年4月1日、従来の「阪急電鉄株式会社」は純粋持株会社阪急ホールディングス株式会社」となり、

鉄道その他の事業は新たに設立された(形式上は既存の会社を商号変更したもの)「阪急電鉄株式会社」に譲渡された。

持株会社は2006年10月1日に阪神電鉄との経営統合を実施し、「阪急阪神ホールディングス株式会社」に社名を変更している。

スルッとKANSAI

関西圏の共通乗車カードシステム「スルッとKANSAI」に加盟している。

阪急電鉄の発行するスルッとKANSAI対応カードは「ラガールカード」という。

全席優先座席

阪急電鉄では、「優先座席にかかわらずどこの座席でも譲り合いの精神を」と言うことから特定の座席を優先席とはせず、全席優先座席としている。

その関係か、鉄道他社が「優先席付近では携帯オフ」と呼びかけているのに対し、阪急では「携帯電話終日電源オフ車両」を各車両の先頭車と最後尾車の計2両に設けている。*1

同様の方式を能勢電鉄神戸電鉄でも採用している。

宝塚歌劇団

いわゆる「ヅカ」宝塚歌劇団は、阪急電鉄の一部門であることは意外に知られていない。宝塚劇場、東京宝塚劇場ともに、同社宝塚歌劇団の所有・運営である。*2

プロ野球球団

1936(昭和11)年〜1988(昭和63)年まで、阪急ブレーブス(現・オリックスバファローズ)という球団をもっていた。本拠地として、阪急西宮球場を所有していた。

なお、1924(大正13)年〜1929年(昭和5)年にも宝塚運動協会という球団も所有していた事もある。

その他

箕面有馬電気軌道開業当初の駅一覧

宝塚線

梅田駅-北野駅-新淀川駅-十三駅-三国駅-服部天神駅-岡町駅-石橋駅-池田駅-花屋敷駅-山本駅-中山駅-清荒神駅-宝塚駅

箕面線

石橋駅-箕面駅

(すべて、当時の駅名で記した。)

*1:6両以上の場合。4両以下の場合はどちらか端の1両。2両では設けていない。また、場合によっては3両以上設定される場合もある。

*2:→よって「東宝」は「東京宝塚」の所有・運営に直接携わってはいない。「東宝」の項参照