阪神なんば線

地理

阪神なんば線

はんしんなんばせん

阪神電気鉄道の鉄道路線

尼崎駅大阪難波駅間10.1kmを結ぶ、阪神電鉄阪神電車の路線。

阪神の「なんば線」ではなく「阪神なんば線」が正式名称

西九条駅大阪難波駅(旧・近鉄難波駅)間が西大阪高速鉄道により建設され、2009年3月20日に開通。同時に既存の阪神西大阪線区間も「阪神なんば線」に改められた。

西行の初電が大阪難波始発である以外はすべて近鉄奈良線に直通する。

列車種別

快速急行準急区間準急・普通の4種別が存在する。

快速急行の停車駅が尼崎・西九条・九条・ドーム前・桜川大阪難波

それ以外の種別は阪神なんば線内は全駅に停車する。(近鉄奈良線内に通過駅がある)

本線の特急系統・急行系統は阪神なんば線には存在しない。

快速急行のみ本線の神戸三宮駅まで運転を行っているほか、限定的ではあるが新開地駅近鉄奈良駅行きの快速急行が存在する。

阪神・近鉄直通に関する情報

桜川駅の役割

阪神電鉄近鉄の乗務員は大阪難波駅ではなく桜川駅で交代する。これは近鉄専用の引上線が桜川駅西方にあるためで、桜川駅大阪難波駅阪神の路線でありながら近鉄の乗務員が担当する路線となる。

信号などのシステム上も桜川駅までが近鉄の扱い(業務委託)となっており、近鉄阪神直通非対応車両も桜川駅西方まで日常的に入線する。

近鉄奈良線阪神なんば線はともに大阪難波発が下りとなるため、同駅で列車番号が変わるが、列車そのものは直通運転なので乗り換えは不要。

快速急行の種別色

快速急行の種別色は阪神が水色、近鉄では赤となっている。

幕の切り替えは桜川大阪難波間で実施しており、大阪難波駅では阪神区間に入るにもかかわらず赤い快速急行で案内が行われている。