スマートフォン用の表示で見る

阪神甲子園球場

スポーツ

阪神甲子園球場

はんしんこうしえんきゅうじょう

兵庫県西宮市甲子園町にある、阪神電気鉄道が所有する野球場。通称「甲子園球場」「甲子園」。

1924年(大正13年)8月1日に開場した野球場。

広さ38,500平方メートル(うちグラウンド13,000平方メートル、スタンド22,600平方メートル

ホームプレートからの距離は、レフト・ライトとも95m、センター118m、左右中間118m。

収容人員は47,757人(内野28,714人、外野19,043人)。

高校野球の聖地として名高く、選抜高等学校野球大会全国高等学校野球選手権大会の会場となっている。

日本プロ野球阪神タイガースの本拠地であるが、開場までの経緯から高校野球優先となっている。

「甲子園」の名前の由来

甲子園球場の完成は1924年(大正13年)8月1日。

この年は、奇しくも、十干十二支のそれぞれ最初の「甲(きのえ)」と「子(ね)」が60年ぶりに出合う年でした。縁起のよいこの年にちなんで、この付近一帯を「甲子園」と、また野球場を「甲子園球場(当時は大運動場)」と名付けました。

阪神甲子園球場>甲子園アラカルト>名前の由来

甲子園ボウル

毎年12月には大学アメリカンフットボールの頂点を決める「毎日甲子園ボウル」が開催される。