スマートフォン用の表示で見る

阪神支局襲撃事件

社会

阪神支局襲撃事件

はんしんしきょくしゅうげきじけん

1987年5月3日午後8時15分に兵庫県西宮市朝日新聞阪神支局に散弾銃を持った男が侵入し、記者2人が死傷した事件のこと。朝日新聞の「北朝鮮地上の楽園」などとする左翼論調を狙ったものであり、襲撃された小尻知博記者(当時29)が死亡し、 犬飼兵衛(当時42歳)記者は右手の小指と薬指を失った。その後「赤報隊 一同」を名乗る者らによる犯行声明が出され、「赤い朝日…」などと綴られていた。