スマートフォン用の表示で見る

阪神1000系

地理

阪神1000系

はんしんいっせんけい

阪神電鉄の車両。

2006年(平成18年)に登場した阪神電車の形式。阪神本線の優等種別および阪神なんば線近鉄奈良線向けに製造された。

2009年(平成21年)3月20日に開業した阪神なんば線を通じて近畿日本鉄道相互直通運転が開始されることから、両線区に対応する車両として位置づけられ、開業までに基本6両編成10本、付属2両編成9本が製造された。その後も阪神2000系の置き換えを目的に6両編成の増備が行われ、2011年10月現在、6両編成13本、2両編成9本が在籍している。

最大10両編成での運転*1にも対応。

阪神の電車ではあるが、間合いで近鉄奈良線内のみでの運用もある。

東は近鉄奈良から西は山陽姫路まで広範囲なエリアで活躍中。

特徴

歴史

*1尼崎近鉄奈良間の快速急行。6両+2両+2両の組み合わせで運用される。また、このうち6両は阪神9000系が担当する場合もある

*2:主に東花園-東生駒間。必ず2+2の4両での試運転

*3:ただし、2両編成を3本組み合わせて6両編成にして本線で使用することがある