J-GREEN堺 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

堺市立サッカー・ナショナルトレーニングセンター

さかいしりつさっかーなしょなるとれーにんぐせんたー

大阪府堺市堺区築港八幡町にある、サッカーナショナルトレーニングセンター。愛称は「J-GREEN堺」。「堺NTC」「堺トレセン」の略称も用いられる。

2010年4月1日にオープンした、日本最大級のサッカー施設。敷地面積は35.4ha、総工費は57億円。日本サッカー協会指定のナショナルトレーニングセンターとしては、Jヴィレッジ清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP)に次いで3ヶ所目となる。サッカー日本代表をはじめ、国内外のチームの強化合宿や、少年からシニアまでの各種大会等に利用される。サッカー以外のスポーツの利用も可能。

ジェイズパークグループ(代表団体:株式会社ジャパンフットボールマーチャンダイズ、構成団体:日本管財株式会社、関西ユニベール株式会社)が指定管理者として運営管理を行っている。

2012年4月1日、J-GREEN堺内に宿泊施設となる「DREAM CAMP」(ドリームキャンプJ-GREEN堺合宿所)がオープンした。全62室(286名収容)の客室の他、レストラン、会議室、浴場設備も備えている。また、2012年4月より中学生女子サッカー選手の育成・強化を目的とした「JFAアカデミー堺」が開校、生徒らは「DREAM CAMP」内に設置された寄宿舎で生活している。

2013年4月1日より、Jヴィレッジに代わって、文部科学省が指定するサッカーナショナルトレーニングセンター強化拠点となった。期間は4年間。


アクセスは、南海線堺駅南海高野線堺東駅大阪市営地下鉄四つ橋線住之江公園駅の各駅からバスが出ている。

施設