崎戸町

地理

崎戸町

さきとちょう

かつて長崎県西彼杵半島東シナ海沿岸の蛎浦島崎戸島を中心とした町。明治時代から昭和中期までは炭鉱のまちとして発展してきたが、閉山後は農業漁業観光業に力を入れていた。2005年4月1日に周辺の町と合併して西海市となった。