埼玉銀行

一般

埼玉銀行

さいたまぎんこう

埼玉県内の中小銀行*1が、政府の命令で1943年合併して誕生した巨大地方銀行

誕生の際、埼玉県内の安田銀行など大手銀行の営業基盤を継承し、県内で寡占状態を形成。同じ県内の武蔵野銀行に対しても出資関係があった

戦後は都市銀行へ転換し、度々他銀行との合併が取沙汰されたがそのたびに流れ、1991年に同じ下位都銀の協和銀行との合併を決断。協和埼玉銀行を経て、あさひ銀行となる。

2003年にあさひ銀行大和銀行グループと合併りそなグループとなり、ほとんど旧埼玉銀行地盤継承した埼玉りそな銀行が誕生した。

埼玉県内の旧大和銀行支店はりそな銀行となり、埼玉りそな銀行の支店にはならなかった。

*1:第八十五銀行など