スマートフォン用の表示で見る

埼玉大学

一般

埼玉大学

さいたまだいがく

凡庸な地方国立大学。旧二期校。学生自治会民青

沿革

1949年、旧制浦和高等学校埼玉師範学校埼玉青年師範学校を母体に、文理・教育の2学部で発足。

以前は、現在の北浦和公園(埼玉県立近代美術館があるところ)の場所にあったが、30年程前に現在の場所に移転した。

参照

どうでもいいエピソード

図書館は信じられないくらいしょぼいし、金日成全集も揃っていてその監訳者は経済学部の元教授なわけですが、書庫の隅っこには旧陸軍関係の資料が未整理のまま放置されてるという噂。ほんとかな?

大学会館はかなりの安普請で、3階大集会室の天井は垂れ気味でパーティションが動かせないようだ。

大学会館と図書館生協本部に囲まれた茂みには神社があったらしい。その神社は現在はダイクマの裏に移築されているという。

移転時に現在の敷地内から出た遺跡の遺物は長らく付属小学校長が顧問の考古学研究会というサークルが保管(というか放置)していたが、2000年頃からは考古学が専門の教養学部教員を顧問とする新設の考古学研究会に移管され、情報公開室などに展示されているらしい。

政策科学研究科にまつわるどろどろした話についてはhttp://homepage1.nifty.com/eiji_takagi/ura/kaibun/kouwa.htmlを参照。

昔はRing Serverがあったが、某学生F氏(教養学部→理工学研究科)が一人でやっていたため、彼が修了したとたんなくなった。

どくんご」という、大学構内でテント生活をして子供もいたとかいう時代錯誤な劇団が嘗てあったが大学当局に排除されたらしい。現在ある劇団「Petit French Kiss」(PFK)は「どくんご」排除後すぐに創られたらしい。ちなみに、「Petit French Kiss」という名称の由来は、旗揚げの会合をミスタードーナツでやった際に、同名のドーナツが売出し中だったのでその名を取った、という言伝えがある。

RAG FAIRの出身母体である「アカペラサークル チョコレッツ」は、PFKの元メンバーで、某大手仏教カルトの強い影響下にある人物が、PFK内で胎児をポアした後、PFKを脱退して設立したものである。

田隅三生学長になってから、構内には「飲酒禁止」の看板がそこら中に立ててあるなど、陰鬱な空気が蔓延している。(「飲酒禁止」の看板はその後無くなった)

http://d.hatena.ne.jp/images/keyword/38664.jpeg

また田隅三生学長体制では、大学生協に対して地代の支払いを新たに要求した(が実現はしなかった)一方で、ローソンには家賃無償で大学会館1階という一等地を提供しているほか、正門ロータリーの植込みに「黄疸に罹った折鶴」と呼ばれるモニュメントを1200万円で建造するなど、時代錯誤土建屋政治を強力に推進している。

元民青同盟埼玉大学班」によると、民青は崩壊したらしい。(未確認情報です)

新聞委員会は元は民青系であったが、90年代に入って民青の影響下から脱したらしい。その後90年代後半の一時期、仏教カルト(親鸞会である可能性が高い)の影響下にあった。90年代前半まで、これとは別にもう一紙あったが、そちらは原理研であった。

社会問題研究会」というサークルはブントである。

参考文献