桜島線

地理

桜島線

さくらじません

大阪市にある、JR西日本の路線(幹線)。大阪環状線阪神なんば線に接続する西九条から湾岸地区の桜島まで 4.1km の路線。宮崎空港線が開業するまではJR最短の旅客営業路線であった。

湾岸工業地帯への貨物・通勤輸送を主な役割としてきたが、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの開園以降はこれへの主たるアクセス路線ともなった。

列車

日中は西九条−桜島間の列車と、大阪環状線からの直通列車が交互に運転されている。車両は大阪環状線普通列車と同じ103系または201系通勤型電車だが、中にはユニバーサル・スタジオ・ジャパンをフィーチャーした全面広告塗装となっているものもある。

愛称

ユニバーサルシティ駅の開業とユニバーサル・スタジオ・ジャパンの開園にあわせ、「JRゆめ咲線」という愛称路線名がつけられた。

歴史

1898年4月 西成鉄道により福島−西九条−安治川口間開業

1905年14月 安治川口−天保山間開業

1906年12月 国有化西成線:大阪天保山間)

1910年4月 西成線 安治川口−天保山間廃止、安治川口−桜島間開業

1940年1月 安治川口駅構内でガソリンカー脱線転覆炎上事故

1941年5月 電化

1961年4月 大阪環状線開業に伴い西成線西九条−桜島間を桜島線とする

1999年4月 桜島駅移転

2001年3月 ユニバーサルシティ駅開業、愛称路線名JRゆめ咲線」使用開始