スマートフォン用の表示で見る

笹山久三

読書

笹山久三

ささやまきゅうぞう

作家。1950年高知県幡多郡(現四万十市)生まれ。高知県立中村高校卒。郵便局員をしていた。

89年『四万十川 あつよしの夏』で文藝賞坪田譲治文学賞受賞。同作はシリーズ化された。

朝日新聞報道の「中学生はこれを読め!」50冊に選ばれた。

==著書==

四万十川 あつよしの夏 河出書房新社, 1988.1. のち文庫

四万十川. 第2部 (とおいわかれの日々に) 河出書房新社, 1989.6. のち文庫

飢餓河出書房新社, 1990.1. 河出書き下し長篇小説叢書

四万十川. 第3部 (青の芽吹くころは) 河出書房新社, 1991.1. のち文庫

郵便屋 河出書房新社, 1992.12. のち文庫

幼年記かがやく大気のなかで 農山漁村文化協会, 1992.4.

四万十川. 第4部 (さよならを言えずに) 河出書房新社, 1993.6. のち文庫

四万十川. 第5部 (ふるさとを捨てても) 河出書房新社, 1995.2. のち文庫

やまびこのうた 河出書房新社, 1995.7.

ゆたかは鳥になりたかった 後藤みえこ 絵. 河出書房新社, 1995.6.

四万十川. 第6部 (こころの中を川が流れる) 河出書房新社, 1996.11. のち文庫

とおい夏の日 四万十川ものがたり 河出書房新社, 1996.12. ものがたりうむ

母の四万十川. 第一部 (さいはてのうたがきこえる) 河出書房新社, 1996.3.

きみのおかげだよ 長新太 絵. 教育画劇, 1997.11. 教育画劇の創作童話

母の四万十川. 第2部 (それぞれの道) 河出書房新社, 1997.12.

郵便屋の涙 河出書房新社, 1998.9.

母の四万十川. 第3部 (かたすみの昭和) 河出書房新社, 1999.6.

ぼくの子そだて 鈴木まもる絵. 教育画劇, 2001.11. 教育画劇みんなのえほん