刷り込み

一般

刷り込み

すりこみ

幼いころから馴染まされたものに成人しても影響を受けるさま。鴨の子が、初めて目にした物を親と思い込むような事例から名付けられた。