札幌テレビ

テレビ

札幌テレビ

さっぽろてれび

札幌テレビ放送。

Sapporo Television Broadcasting Co. Ltd.

略称STV」。

北海道新聞の後援により北海道民放第一号として開局を果たした北海道放送HBC)に対抗すべく、北海タイムス北海道炭礦汽船(北炭)が中心となり、日本テレビ*1東急電鉄*2毎日新聞社鹿内信隆フジテレビ北海道出身)らの出願を北炭の萩原吉太郎が取りまとめて一本化し、北海道民放テレビ第二号として設立された。

1972年北海道新聞HBCの後援により北海道民放テレビ第四号・北海道文化放送uhb、フジ系)が開局するまではFNSにも加盟しており*3、当時は事実上日テレとフジのクロスネットとなっていた。

1959年にテレビ、1962年ラジオ開局。日本のラテ兼局では唯一テレビ先行開局*4であった。

2005年にラジオ局を分社化し放送免許等を移譲、テレビ単営局になる。

自主制作率はテレビで20%以上。ラジオで60%以上とローカル局トップクラス。また、テレビ視聴率は2004年度まで12年連続三冠王ラジオ聴取率も2004年12月まで20年連続1位とラテとも無敵の強さを維持。放送外収入も全国第5位。

社屋の隣には2000年に札幌メディアパークSPICAが建てられ、こけら落としとして「笑点」の公開録画も行われるなど様々なイベントが催されてきたが、2008年に解体された。


テレビ放送については「STV」、ラジオは「STVラジオ」を参照。

沿革

関連会社

*1:一社による全国放送を目指していた。

*2北海道へ進出し、じょうてつを始め道内のバス会社を次々にグループ傘下に収めていた。

*3:ただしFNNには加入せず。

*4ラジオ原則STVラジオ」と呼ばれているが、STVラジオとしての分社化前までは「札幌テレビ放送ラジオ局」という正式名称があった。