札サウ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

一般

札幌運転所

さっぽろうんてんじょ

北海道旅客鉄道札幌運転所

所属車両に記載される略号は「札サウ」。運転士も所属している本社の管轄場所である。稲穂駅とは目と鼻の先だが、ここに入線するには隣の手稲駅から入る必要がある。

札幌運転所に所属している車輌及び運用については以下の通り(2016年現在)。

近郊型

特急型

キハ183系は'12年10月改正苗穂運転所に転属となった。

客車

  • 14系
    スハネフ14形、スハフ14形及びオハ14形の合計22両が所属。夜行急行はまなす」の運用にあたる。
    かつて「まりも」「利尻」「オホーツク」用の寝台車が存在していたが、'08年10月改正で全て廃車となっている。
  • 24系?
    オハネ24形、オハネフ24形、オハネ25形、オハネフ25形、スハネ25形、カニ24形の合計29両が所属。寝台特急北斗星」と急行はまなす」の運用にあたる。
  • オヤ31形?
    オヤ31 32の1両のみ。建築限界測定試験車輌である。
  • マヤ34形?
    マヤ34 2008の1両のみ。高速軌道試験車輌である。