札幌市営地下鉄

地理

札幌市営地下鉄

さっぽろしえいちかてつ

札幌市交通局が運営する地下鉄南北線東西線東豊線の3路線。

札幌市交通局は他に路面電車(札幌市電)も有する(かつては市営バス・定期観光バスも運営していたが、民間のバス会社に譲渡されている)。



地下鉄の概要 

昭和47年札幌で開催される、冬季オリンピックの開催での選手や住民の市電やバスに代わる輸送手段として取り上げられ、昭和46年12月、全国4番目の地下鉄として札幌地下鉄が誕生しました。当初は北24条から真駒内までの南北線12.1kmでスタート。その後市勢の発展に伴い、昭和51年東西線、53年に南北線延長部、57年に東西線延長部、63年に東豊線、平成6年に東豊線延長部、さらに11年2月に東西線延長部(琴似宮の沢間2.8km)が開業し、「暮らしの足」という役割を担い、早いテンポでの路線拡充に努めてきました。札幌地下鉄は、世界で始めて本格的なゴムタイヤによる中央案内軌条方式を採用、コンピューター管理方式を導入するなど新しい技術を随所に駆使し、積雪寒冷という北国の気候に左右されない札幌公共輸送機関の主役を担っています。 http://www.city.sapporo.jp/st/subway.html