スマートフォン用の表示で見る

薩摩剣八郎

映画

薩摩剣八郎

さつまけんぱちろう

俳優。平成ゴジラの立役者として、ゴジラ映画16作目(1984年)の「ゴジラ」から1995年の「ゴジラVSデストロイア」までゴジラの着ぐるみをかぶって出演。ゴジラ俳優としての名声を不動のものにした。

略歴

1947年5月27日生まれ。1967年日活演技研究所に入り、日活映画俳優として映画人生が始まる。この後、三船プロダクション、劇団「土」、ピー・プロダクションを経て現在にいたる。

ゴジラ映画のほか、「プルガサリ」(北朝鮮怪獣映画)、「川島芳子」(香港映画)、「地獄」(石井プロダクション)などにも出演。本名の中山剣吾名義で「風雲ライオン丸」のタイガージョーJr.?スーツアクターも担当した。

テレビではNHKの「峠の群像」「花神」などをはじめ、ラジオ、CMにも数多く出ている。

著書としては「ゴジラが見た北朝鮮」(ネスコ、文芸春秋)、「ゴジラの中身」(筑摩書房)、「ゴジラついに大往生」(近代文芸社)がある。