雑誌コード

雑誌コード

(読書)
ざっしこーど

日本で出版社が発行している雑誌を管理するために、使われている識別コード。一般的には最初の5桁の数字を誌名コードとし、「-(ハイフン)」で区切った後、数字で発行年月日または通巻番号を付ける事が多い。雑誌の裏表紙左下に「雑誌 xxxxx-xx/xx」または「雑誌 xxxxx-x」と書いてあるのがそれである。

沿革

  • 1954年 - 雑誌取次大手のトーハンが内部管理用にIBMナンバー(4桁)の使用を開始。
  • 1968年 - 5桁の新コード体系に移行し、雑誌コードに改称。
  • 1986年 - 雑誌コードをJANコード体系に割り付け、共通雑誌コードに改称。
  • 1991年 - 共通雑誌コードを改定。フラグを1桁減らし、定価を1桁増やす。
  • 2004年 - 5桁のアドオンコードを付加して定期刊行物コード(雑誌)に改定。

ネットの話題: 雑誌コード

人気

新着

新着ブログ: 雑誌コード