雑酒

雑酒

ざっしゅ

酒税法における酒類の分類の一。

清酒合成清酒、しようちゆう(焼酎)、みりん、ビール果実酒類、ウイスキー類、スピリッツ類及びリキュール類以外の酒類をいう。

イ 発泡酒
  (1)原料中麦芽の重量が水以外の原料の重量の100分の50以上のもの
  (2)原料中麦芽の重量が水以外の原料の重量の100分の50未満25以上のもの 
  (3)その他のもの (いわゆる発泡酒)
ロ 粉末種
ハ その他雑種
 1 その性状がみりんに類似するもの
  (i)アルコール分が13.5度以上14.5度未満のもの
  (ii) アルコール分が13.5度以上14.5度未満のもの
  (iii)アルコール分が13.5度未満8度以上のもの
  (ix)アルコール分が8度未満のもの
 2 その他のもの (→その他の雑酒2)
  (i)アルコール分が13度未満のもの
  (ii)アルコール分が13度以上のもの