スマートフォン用の表示で見る

鮫島彩

スポーツ

鮫島彩

さめしまあや

女子サッカー選手。ポジションはミッドフィルダーディフェンダー(左サイドバック)。

1987年6月16日生まれ。栃木県宇都宮市出身。身長163cm、体重53kg。

経歴など

高校女子サッカーの名門、常盤木学園高校出身。高校卒業後は東京電力女子サッカー部マリーゼに所属し、福島第一原子力発電所で事務の仕事をしていたが、2011年東日本大震災および福島第一原発事故の影響でチームが活動を自粛したため、ボストンブレイカーズに移籍した。

サッカー日本女子代表なでしこジャパン)としては、2008年に代表デビュー。2011年FIFA女子ワールドカップでは不動の左サイドバックとして全6試合にフル出場、キレのあるドリブル突破や粘り強い守備で初優勝に貢献した。2012年ロンドンオリンピックでは銀メダルを獲得した。

2011年9月からフランスモンペリエHSCでプレーした後、2012年7月、マリーゼの所属選手を受け入れたベガルタ仙台レディースにプロ契約で入団した。2014年ヒューストン・ダッシュへの移籍が決まっていたが、怪我のため契約できなかった。2015年INAC神戸レオネッサに移籍。


リスト::女子サッカー選手