三浦義明

社会

三浦義明

みうらよしあき

日本の平安時代末期の相模国三浦郡衣笠城の武将。三浦荘の在庁官人。

平良文を祖とする三浦氏の一族の武将で娘の1人は源義朝側室だったと伝えられている。衣笠城合戦で源氏側として出陣し戦死した。