スマートフォン用の表示で見る

三戒壇

一般

三戒壇

さんかいだん

日本三戒壇、天下の三戒壇

奈良時代に設けられた、僧侶に戒律を授けるための三つの戒壇のこと。当時、僧尼には法制上の優遇措置があり、律令によって管理されていた。

平安時代以降、延暦寺への戒壇建立勅許や律令形骸化などによって次第に勢力を殺がれていった。