三角寛

読書

三角寛

みすみかん

山窩サンカ)作家、映画館経営者明治36年(1903)〜昭和46年(1971)。大分県生まれ。本名三浦守、僧名釈法幢。


日大法科卒業。大正15年朝日新聞社に入社。説教強盗の報道で話題となる。永井龍男の勧めで小説を書き始め、『婦人サロン』に『昭和毒婦伝』を連載し文壇にデビュー。『怪奇の山窩』『情炎の山窩』『純情の山窩』など山窩小説を開拓し流行作家の道を歩む。昭和37年学位論文山窩社会の研究」で東洋大学から文学博士号を受ける。戦後は吉川英治徳川夢声井伏鱒二らを株主とする映画館「人生坐」「文芸坐」の経営にあたる。また昭和17年に皇国薬草研究所を創立して所長に就き、晩年には埼玉県の桂木寺の住職を務めた。『三角寛全集』35巻、別巻1巻を母念寺出版より刊行中に死去し、未完に終っている。