スマートフォン用の表示で見る

三笠宮

一般

三笠宮

みかさのみや

宮家の一つ

大正天皇の第四王子崇仁親王により創設。

三笠宮崇仁親王

大正4年12月2日生まれ

昭和16年10月22日 子爵高木正得氏の次女百合子様と結婚。

陸軍士官学校陸軍大学校を経て、南京に参謀として派遣された。

戦後,東京大学文学部研究生として「古代オリエント史」を専攻。

昭和29年に創設された(社)日本オリエント学会に参加。

昭和50年 (財)中近東文化センターの総裁

 東京女子大学青山学院大学東京芸術大学美術学部などで教壇に立つ。

 公式訪問,学術的国際会議への参加および史跡調査のための外国訪問は約30回を数える。

 日本レクリエーション協会名誉総裁 日本ワックスマン財団誉総裁 日本スリランカ協会名誉総裁 日本・トルコ協会名誉総裁 出版文化国際交流会名誉会長 日本赤十字社名誉副総裁等を務める。

2016年10月27日、聖路加国際病院薨去、100歳没。

三笠宮寬仁親王

昭和21年1月5日 三笠宮崇仁親王第一王子として生まれる

昭和43年学習院大学法学部政治学科卒業後、イギリスオックスフォード大学モードリンコレッジに留学。

昭和55年11月7日麻生太賀吉の三女信子と結婚。

 障害者スポーツに関する公務に積極的に取り組む。

友愛十字会、ありのまま舎、済生会、新技術開発財団、高松宮妃癌研究基金、日本ビリヤード協会、日本職業スキー教師協会、日本学生氷上競技連盟などの総裁日本ラグビーフットボール協会、日英協会、日本ノルウェー協会などの名誉総裁歴任

 通称「髭の殿下」

2012年6月6日、多臓器不全のため薨去、66歳没。