スマートフォン用の表示で見る

三熊花顛

アート

三熊花顛

みくまかてん

1730−1794 江戸時代中期-後期の画家。

享保(きょうほう)15年生まれ。京都にすみ,とくに桜花の写生で知られた。伴蒿蹊(ばん-こうけい)と「近世畸人(きじん)伝」を企画し,挿絵を担当。続編は花顛が文を,妹の三熊露香が絵をかいた。寛政6年8月26日死去。65歳。加賀(石川県)出身。名は思孝。字(あざな)は介堂。通称は主計。