三献の茶

三献の茶

さんこんのちゃ

三献の茶とは、石田三成豊臣秀吉に初めて出会った際に出したお茶。

汗をかいた様子の秀吉に対して、一杯目は大きな茶碗にぬるいお茶をなみなみと、二杯目は先ほどよりも少し熱いお茶を茶碗に半分ほど、三杯目は小さな茶碗に熱いお茶を入れて出した気配りが、家臣に登用されたきっかけとなる。