三公

一般

三公

さんこう

中国における最高の官位秦代では丞相・御史大夫・太尉を指し、前漢もこれを踏襲した。哀帝のとき官名と序列をあらためて大司徒(もと丞相)・大司馬(もと太尉)・大司空とし、三公の上に大傅(たいふ)を置いた。王莽(おうもう)が実権を掌握すると、三公以外に《周礼(しゆらい)》にならい太師・太傅・太保の三師を併せ設けた。後漢では太尉・司徒・司空を三公と呼び、上公として太傅を置き、いずれも多く録尚書事に任命された。