スマートフォン用の表示で見る

三好幸信

社会

三好幸信

みよしゆきのぶ

日本の江戸時代前期の武将。真田信繁真田幸村)の三男。母親は豊臣秀次の娘で、秀次事件の後始末による粛清を逃れた数少ない生き残り。

大坂夏の陣後に生まれ、父が豊臣方として戦ったため真田姓を名乗ることを憚り、外祖父秀次の旧姓である三好姓を称した。

長じて姉の嫁ぎ先である出羽亀田藩*1岩城宣隆に仕えた。*2

*1:現在の秋田県由利本荘市岩城地区

*2真田幸村が登場するいわゆる「真田十勇士」ものにおいて、『三好清海入道・三好伊佐入道?兄弟』が出羽国亀田浪人として登場するのはこのためとされる