スマートフォン用の表示で見る

三行半

一般

三行半

みくだりはん

夫婦や恋人の関係を絶つこと。「三下り半」と書かれることもある。

江戸時代に書かれた夫が妻に渡す離縁状には、離婚の宣言と妻への再婚の許可が3行半で記され、「三行半」と呼ばれたことに由来する。当時は「離婚」を表す言葉であったが、現代では、男女の関係のみならず一方的な離縁の宣言や愛想を尽かした状態を言い表すことも多い。

用例