スマートフォン用の表示で見る

三十番神

一般

三十番神

さんじゅうばんしん

日本の神仏習合信仰で、毎日交替で国家や国民などを守護するとされた30柱の神々のことである。平安時代最澄比叡山に祀ったのが最初とされ、鎌倉時代には盛んに信仰されるようになった。