三省

一般

三省

さんしょう

唐代に中央政府の中核を占めた中書省門下省尚書省の総称。中書省は天子の書記局として政策の立案と詔勅の起草を担当し、門下省中書省から送られてきた案文を審議・協賛したり、封駁と称する拒否権を発動したりした。尚書省門下省から回付されてきた政令を天下に施行する機関で、尚書都省のほか吏・戸・礼・兵・刑・工の六部に分かれ、それぞれ人事・財政などの事務を分担した。古来中国では「三公」が政治の最高責任者として宰相であったが、後漢光武帝が天子直属の秘書官尚書を重用して以来、天子側近としての門下侍中、中書監、中書令などと政務を行うことが多くなり、唐代に至って「三省」が最高機関となった。