スマートフォン用の表示で見る

三杉淳

マンガ

三杉淳

みすぎじゅん

キャプテン翼に登場。「フィールドの貴公子」の異名をとるガラスのエースで、武蔵FCキャプテン。心臓病の持病があり、90分間試合に出られない。

サッカーの技術は翼にひけを取らないものがある。ドリブルではヒールリフトなどを使い、シュートでもオーバーヘッドキックで空中から仕掛けることもある。

武蔵FCのマネージャー・あかねが翼に負けてほしいとお願いしに行ったと知ると、彼女を呼び出して平手打ちしていさめる厳しい部分もある。

小学校時代の全国大会での敗北をきっかけに、辛いリハビリにも耐え、武蔵キャプテンとしてチームを率いて、東邦学園中等部と全国大会の出場権をかけて地区大会決勝に臨む。しかし、善戦虚しく敗退し、中学校時代を終える。

プロではFC東京に入団し、日本代表入りを果たす。