スマートフォン用の表示で見る

三世一身法

社会

三世一身法

さんぜいっしんのほう

723年に発せられた開墾奨励の法。新たに灌漑(かんがい)用水路を引いて開墾した者には本人・子・孫(一説に子・孫・曾孫)3代の間その墾田の占有を許し,既存の灌漑用水路を利用して開墾または再開墾した者には本人一代限り占有を許した。