三清山国立公園

地理

三清山国立公園

さんせいざんこくりつこうえん

(英名:Mount Sanqingshan National Park、仏名:Parc national du mont Sanqingshan)

2008年に登録された中華人民共和国の世界遺産自然遺産)。上海の南西約480kmの位置にある中国を代表する景勝地の一つで、古くから道教聖地として有名である。ここは1988年に、中国政府により国家重点風景名勝区に指定された。この国立公園の名前になっている三清山は、玉京峰?、玉華峰?、玉虚峰?を指す。この3つの峰は、道教の始祖玉清?、上清?、太清?が頂上に座る姿に見立てられた。この一帯の地形は、ヒマラヤ造山活動の末期に形成されたもので、10億年前の地層が残っている。また、三清山花崗岩でできており、長い年月をかけて、この花崗岩浸食され、独特の稜線や多数の石柱群を造り出した。こうした独特の地形が遠近の変化に富んだ景観を生み出し、刻々と変化する天候により幻想的な光景を見せることから、古くから景勝地として、文人墨客に愛されてきた。