三善清行

読書

三善清行

みよしのきよゆき

日本の平安時代中期の公卿漢学者

経史や詩文になどに通じた人物文章博士大学頭などを歴任した。