三層パーセプトロン

コンピュータ

三層パーセプトロン

さんそうぱーせぷとろん

人工知能の技術の一つ、ニューラルネットワークの実装の一つ。非線形データベース

複数の入力を受け取り、一種類の出力にするニューロンを組み合わせてできる。

外部から入力を受け取る層を入力層、入力層の出力を受け取る層を隠れ層、隠れ層からの出力を受け取る層を出力層と呼び、それぞれに1以上のニューロンが含まれる。

入力層に何かの入力をすれば、出力層から何らかの出力が出る仕組み。

バックプロパゲーションと言う方法を使って学習を行う。ある入力をした時に、このような出力をするべきだと言う教師信号を与えることでニューロンの状態を変化=学習し、その後、類似の入力をした時に類似の出力をするようになる。