スマートフォン用の表示で見る

三増酒

三増酒

さんぞうしゅ

 三倍増醸酒の略。日本酒に、三倍あるいはそれ以上のアルコールを添加して作った酒のこと。その際、味が薄まってしまうため、調味の為に糖類や酸味料、あるいは甘味料やアミノ酸などを加えている。

 戦前、酒造用の米が手に入りにくくなっていた頃、少量の材料からたくさんの酒を作るために考案された方法だが、戦後になっても、安価なコストで大量の酒が造れることから、現在に至るまで行われている。

 しかし、この製作方法が日本酒の品質の低下、さらには深刻な酒離れの誘因になったと非難する声は多い。

 ちなみに、最初からアルコールに調味液を加えて造られる「合成清酒」とは別物。