三増峠の戦い

社会

三増峠の戦い

みませとうげのたたかい

三増峠の戦い(みませとうげのたたかい)

1569年、三増峠で行なわれた武田信玄小田原北条氏のと間の合戦。信玄北条氏康小田原城を囲んだが、篭城策は手堅く三増峠を越えて甲斐に戻る進路を取った。それを知った氏康は挟み撃ちにする事を計り激戦となった。武田軍はそれを見通したように山県昌景の一隊を韮尾根に置き、高所から襲撃し逆に挟み撃ちにしたため、北条軍は総崩れとなり敗北した。戦国最大規模の山岳戦として有名。