スマートフォン用の表示で見る

三段リーグ

ゲーム

三段リーグ

さんだんりーぐ

将棋のプロになるためのシステム。


まずプロ志望者は、毎年8月下旬に行われる『奨励会試験』を受けて、

合格すれば奨励会員になる。

(または研修会にて一定の成績をあげ、そこから奨励会へ仮入会する)

そこから二段までは規定の成績ごとに昇段。


三段からはこの『三段リーグ』というリーグ戦となり、半年ごとに

2名ずつ、もっとも成績が上位の者がプロになる。

同じ成績の者が複数いた場合は頭ハネとなり、順位が上の者から2人

抜けていくことになる。

その成績の結果は、次回の順位として反映される。

2回次点で頭ハネとなり昇段できなかった場合は、フリークラスの棋士

となるかの選択権を得る。

26歳になった時点でプロ棋士=四段になれなかった場合は退会となる。