スマートフォン用の表示で見る

三木清

読書

三木清

みききよし

哲学者1897年1月5日、兵庫県生まれ。

京都帝国大学哲学科で西田幾多郎田辺元波多野精一らに師事。

著書に『パスカルに於ける人間の研究』や『人生論ノート』がある。

1945年、友人のタカクラ・テルを匿ったため、治安維持法違反で検挙拘留され、9月26日に獄死した。

1922年ドイツに留学。ハイデルベルクでリッケルトにつき、マルクス主義にふれた。当地の新聞に寄稿し、日本の学問の自律を阻む障害として天皇制絶対主義と仏教的・自然主義的汎神論とを指摘した。マーブルクに移りハイデッガーの影響を受け、解釈学の方法を摂取した。25年帰国、27年法政大学教授。マルクス主義哲学者として注目を浴びる。30年治安維持法によって検挙。転向の後、西田哲学に接近。そのほか、ハイデッガーらにつながる、「技術」についての可能的なテクストを著した。44年、共産主義者の友人を自宅にかくまったことで再び検挙、終戦直後の9月26日に獄死した。代表著作に「唯物史観と現代の意識」「歴史哲学」「構想力の論理」「技術哲学」「哲学入門」など。『三木清全集』全19巻。