三木隆司

スポーツ

三木隆司

みきたかし

元サッカー選手。ポジションはディフェンダーセンターバック)。

1978年7月23日生まれ。神奈川県出身。身長179cm、体重73kg。

一対一、カバーリングと共に長けたCB。鮮やかに相手からボールのみを奪い取るスライディングタックルはもはや芸術の域。

必然的に警告を受けやすいポジションにも関わらず、2002年・2003年シーズンには2年連続で全試合出場を果たし「大分の鉄人」と呼ばれた。

ペリクレス・シャムスカ監督就任後は3バックの中央で起用され不動の地位を築き、2006年シーズンには吉田孝行の後を引き継いでキャプテンに就任しチームを引っ張ったが、森重真人の台頭によって出場機会を失い名古屋へ移籍。2009年シーズンからは徳島でプレーした。

2013年シーズンを持って現役生活を引退。