スマートフォン用の表示で見る

三陸鉄道

地理

三陸鉄道

さんりくてつどう

[英] Sanriku Railway Company

三陸鉄道株式会社は、岩手県宮古市に本社を、岩手県盛岡市に本店をそれぞれおく、第三セクター方式の鉄道事業者略称は「三鉄」。

概要

北リアス線宮古駅久慈駅)・南リアス線盛駅釜石駅)を有する。

日本国有鉄道改革法により廃止されることになった国鉄・盛線(盛駅〜吉浜駅)・宮古線(宮古駅〜田老駅)・久慈線(普代駅〜久慈駅)、および建設中だった吉浜駅〜釜石駅・田老駅〜普代駅を引き受け、1984年昭和59年)4月1日に、国鉄地方交通線の第三セクター化第一号として開業した。

開業当初は黒字が続き「第三セクターの優等生」と呼ばれた時期もあったが、1990年代から乗客減に伴い赤字体質が続くようになった。

所有車両は「三陸」をかけた「36形」(「さんりくがた」と読ませる)。臨時列車としてJR東日本気動車が乗り入れることもある。

2011年3月11日東北地方太平洋沖地震、およびそれに伴う津波の影響により、北リアス線南リアス線とも全線不通となったが、徐々に復旧し、2014年4月6日に全線で運転を再開した。

主要株主*1

*1:2013年3月31日現在