スマートフォン用の表示で見る

三陸復興国立公園

地理

三陸復興国立公園

さんりくふっこうこくりつこうえん

三陸復興国立公園は日本の国立公園の1つ。

東北三陸海岸を中心とする国立公園で、東日本大震災により被災した三陸地域の復興に貢献するため2013年5月24日に指定された。

岩手県から宮城県にかけて指定されていた「陸中海岸国立公園」に、青森県の「種差海岸階上岳県立自然公園」を編入する形で改称・指定された。

2015年3月31日、宮城県の「南三陸金華山国定公園」を編入し、さらに、「県立自然公園松島」など同県の2つの県立公園も順次編入する予定。

南北の延長は約220km、北部は「海のアルプス」とも賞される豪壮な大断崖、南部は入り組んだ地形が優美なリアス海岸が続く。海岸にはウミネコオオミズナギドリなどの海鳥の繁殖地があり、野生生物を間近に観察することができる。八戸宮古釜石大船渡気仙沼など日本有数の水揚げを誇る漁港を有しており、新鮮な海の幸を味わうことができるのも魅力である。

また、津波の脅威を学んでもらう場所として、被災したキャンプ場を保存する他、青森県八戸市から福島県相馬市までの約700キロを「みちのく潮風トレイル」として遊歩道を整備していく予定。

面積は陸域1万4635ヘクタール

海域4万1300ヘクタール

主な景勝地

青森県
岩手県
  • 小袖海岸[久慈市]
    • 花崗岩岩礁、海食洞などと自然の植生が織り成す風景が見れる他。
    • 素潜り漁が行われており、「北限の海女」の名称で広く知られている。
  • 黒崎[普代村]
    • 100m以上の断崖が連なり、普代浜、野田、久慈方面を一望できる。
  • 北山崎[普代村]
    • 200メートルの切り立った断崖が8キロに続く陸中海岸を代表する景勝地
    • 雲のような霧が断崖麓の海面を覆う神秘的な現象が見れる。
  • 熊の鼻[岩泉町]
    • 小本海岸の南に突き出た半島が、熊の頭と鼻先に似ていることが名の由来。
  • 三王岩[宮古市]
    • 通称男岩、女岩、太鼓岩からなり、1億年もの歳月をかけて、寄せ返す波と風が形作った奇岩。
    • 周辺には遊歩道が整備されており、散策や磯遊びに絶好の場所。
  • 潮吹穴[宮古市]
    • 海食洞(波の浸食でできた洞窟)に、大きな波が打ち寄せ波の圧力に押されて海水が地上に吹き出す。
    • 全国でも屈指の大きさで、時には30メートルもの潮を吹き上げます。
  • 赤平金剛[山田町]
    • 船越半島の霞露ヶ岳(504.2m)の中腹が、一気に海に落ち込んでできた大絶壁。
宮城県