スマートフォン用の表示で見る

三輪秀彦

読書

三輪秀彦

みわひでひこ

1930年名古屋生まれ。フランス文学研究家、翻訳家

東京大学文学部仏文科卒。国学院大学講師、明治大学教授を歴任。

モーリス・ブランショ「死の宣告」、サロート「見知らぬ男の肖像」、マルグリット・デュラスジブラルタルの水夫」といった先鋭的な現代フランス文学を翻訳。

また、同時にシムノン「雪は汚れていた」などのミステリや、ルルー「オペラ座の怪人」やヴェルヌの「動く人工島」といった、エンターテインメント作品も数多く翻訳する。