ヤマイモ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

山芋

やまいも

在来種自然薯。種類は多く交雑しやすい。近年、パイプを利用して畑で作られている。これに対して畑で農作物として従来より栽培されるのが山芋。丸い棒状態のが長芋、銀杏の葉っぱ状態のが大和芋と呼ばれて分かれてはいる。一般的に山芋と呼ばれてるのはこの栽培種山芋の特徴である粘りについては、自然薯大和芋→長芋の順。掘り出す手間を考えて砂地に栽培される例が多いが、香りや味を考えれば赤土状態の中で多年栽培した方が良い。一般的な食べ方はすり鉢で良く擂り落とし、出し汁を加え、麦飯にかける「麦とろご飯」が一般的。好みにより生卵の黄身を入れる。山芋の実を「むかご」と呼ぶ。これも茹でると美味。

芋自体は細長く、ヤマトイモのような粘りがないため、短冊切りなどの料理に向く。

写真は短茎自然薯在来種の改良版。粘りが薄く、料理用に使われるのが多い。大きさは野球のバットくらいの長さで、太い。これ一本掘り上げるのには成人男子で小一時間かかる。

大関松三郎詩集 山芋 (講談社文庫)

大関松三郎詩集 山芋 (講談社文庫)