スマートフォン用の表示で見る

山浦玄嗣

一般

山浦玄嗣

やまうらはるつぐ

 1940年東京市大森に出生後、すぐに岩手県釜石市に移り、その後、岩手県気仙郡越喜来村および同盛町に育つ。

大船渡市立盛中学校、東京都成城学園高校、岩手県立盛高校を経て東北大学医学部に進み、1966年、同大学卒業、1971年東北大学大学院にて医学博士となる。東北大学抗酸菌病研究所において外科学、癌の実験病理学、放射線医学を専攻し、1981年、同研究所放射線医学部助教授。1986年、郷里大船渡市盛町において山浦医院、開業。現在に至る。

 医学のかたわら、ふるさと気仙地方のことば「ケセン語」の研究に余暇を捧げ、

ケセン語の関する書籍としては

ケセン語入門』(1989年、共和印刷、日本地名学会風土研究賞」受賞)

詩集『ケセンの詩』(1989年、共和印刷、岩手県芸術選奨受賞)

ケセン語大辞典』(2000年、無明舎出版岩手日報文化賞―学芸部門―受賞)

ケセン語の世界』(2007年、明治書院)がある。

聖書に関するものとしては、教皇ヨハネ・パウロ世に献呈された

ケセン語新約聖書マタイによる福音書』(2002年、イー・ピックス出版

ケセン語新約聖書:マルコによる福音書』(2003年、イー・ピックス出版

ケセン語新約聖書ルカによる福音書』(2003年、イー・ピックス出版

ケセン語新約聖書ヨハネによる福音書』(2004年、イー・ピックス出版)の四福音書に加え、

ふるさとイエス』(2003年、キリスト新聞社/2005年、イー・ピックス出版

『走れ、イエス!』(2004年、キリスト新聞社 2009年、イー・ピックス出版

『人の子、イエス』(2009年、イー・ピックス出版)などがある。

その他の書籍として

『ヒタカミ黄金伝説』(1998年、共和印刷、自費出版文化賞―学芸部門―受賞)、

『父さんの宝物』(2003年、女子パウロ会 2005年、イー・ピックス出版)がある。

1990年岩手県教育表彰受賞、2000年岩手日報文化賞(学芸部門)、2002年大船渡市市政功労者表彰(文化功労)を受賞している。