スマートフォン用の表示で見る

山下実

スポーツ

山下実

やましたみのる

プロ野球選手・監督・審判。通称「和製ベーブ」。

左投左打、ポジションは外野手一塁手背番号は2→30→2番。

1907年3月20日生まれ。兵庫県出身。

第一神港商業時代完成したばかりの甲子園球場で大本塁打を放ち「怪物」の異名をとる。

1927年、慶応大に進学。早慶戦全盛期にスラッガーとして活躍した。

満州倶楽部を経て、1936年阪急の結成に参加し入団。同年、初代本塁打王に輝く。

1938年、選手兼任監督となる。強打者として和製ベーブ・ルースの異名を取り、プロ野球の人気高揚に尽くした。

1942年、名古屋軍に移籍。シーズン中に応召。同年、現役引退。

戦後、セ・リーグ審判員を務めた。


1987年野球殿堂入り。


1995年4月4日、逝去。