スマートフォン用の表示で見る

山下清

アート

山下清

やましたきよし

放浪の貼り絵画家。

裸の大将

1922年3月10日生まれ、1971年7月12日没。

東京都台東区浅草生まれ。

小学生の頃、級友のいじめに遭い、その際ナイフで級友を傷つけたため、千葉県市川市知的障害者養護施設 八幡学園に収容される。

学園で清は「ちぎり紙細工」に目覚め、1939年1月大阪の朝日記念会館ホールで展覧会が開催され、多くの人々を賛嘆させた。

1940年から1954年まで、清は学園を脱走し、リュックひとつの放浪の旅へと出て行った。この記録は『放浪日記』(1956年)にまとめられた。

驚異的な映像記憶力の持ち主で「花火」「桜島」など行く先々の風景を多くの貼絵にのこしているが、

旅先ではほとんど絵を描くことはなく、八幡学園や実家に帰ってから、記憶をもとに一気に描くというスタイルだった。

その記憶力は「サヴァン症候群」の一種とされている。

彼の放浪中の出来事はドラマ「裸の大将」として1980年から1997年まで芦屋雁之助主演で放送された。

ほかに映画版では小林桂樹が、舞台版では芦屋雁之助の実弟で俳優の芦屋小雁山下清を演じた。