山科区

地理

山科区

やましなく

京都市行政区の一つ。京都市のうち東部に位置する。

郊外の農村地帯だったが、名神高速道路京都東インターの設置など交通の要衝として急速に発展。


1931年宇治山科町が京都市に編入され東山区の一部となる。

1976年、人口増加に伴い東山区より分区独立、山科区となる。