山科本願寺

地理

山科本願寺

やましなほんがんじ

かつて京都山科にあった浄土真宗の寺院。通称は本願寺ノ城。本願寺第八世法主蓮如により、文明15年8月22日(1483年9月23日)に建立された。周囲には堀と土塁を築いて、寺内町を形成していたが、天文元年8月24日(1532年9月23日)、六角氏と法華宗徒により焼き討ちされた。現在、跡地には浄土真宗本願寺派真宗大谷派山科別院が建っている。また、南殿跡と土塁跡は2002年に国の史跡に指定されている。